2022年12月 設計手順書講習会ダイジェスト

2022年12月03日(土)

かながわ労働プラザ

構造模型講習会担当:大坂

 

 設計手順書講習会のスクーリングは今回をもって最終回となり、第4回講習会の出席者は、所用等で2名の欠席で、リモート参加の方を含め7名でした。

 

 設計手順書講習会のリモート形式も残すところあと2回になり、講習生の方の取組の進捗にも幅があり、また、先月に引き続きのスクーリングとなったのでが、事前の講義の要望がない状態でしたので来年開催予定のレーザーカッターの実演の説明を予定していました。

 

 それに先立ち、講習生の古川さんから、25Ft Cutter(1/96)設計時における工夫点(部品欠損防止対策、切り残しの付加、ベベル加工線の追加)、組立治具、レーザーカット時の課題等についての報告がありました。報告に関しての質疑では、特に、表示文字の扱いをアウトライン表示にして線の描画処理にすると、彫刻処理よりも格段に加工時間が減少するなど、経験者ならではの説明がありました。

 

 古川さんの報告がきっかけで、廣野さんから自宅から近くにあるレーザーカッターを保有している施設を訪問したときの報告がありました。その施設は、使用ソフトやレーザーカッターが異なるが、自宅から近いので利用できないかを現在調査中とのことでした。

 

飯沢講師からは、

  1. 関連してレーザーカット用データの作成に関連する講義の概要の説明(例えば、テストカットデータの追加とか、図面の線色で加工方法や順番が決まる。)
  2. リモート講習会の補講で組立治具について、実物を用いて船首・船尾組立て時に非常に有効な位置決め治具になる。
  3. 来年予定のレーザーカット実演計画の概要の説明後、講習生の小西さんから保有のレーザーカッターで操作デモの提案があり、第22回のリモート講習会で行うように検討する事になりました。今回も話題に事欠かない講習会でした。

 最後に、手探りで始めたスクーリング講習会でしたが、気楽に関連質問ができる対面形式の雰囲気の中で、無事に終了する事が出来ました。

 

 

【講習風景】

古川さんの25Ft Cutter(1/96)の作図事例発表

【飯沢講師の説明】

前回に引き続きGRANADOフルモデルを手に説明

テーブルには、組立治具の上側と下側が置かれている。 

【休憩時間風景】

左側:持ち込んだPCの画面で飯沢講師に質問中

右側:GRANADOフルモデルと組立治具をじっくり観察中